FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/15 (Wed) もう気候秋がになってきましたね!

何だかいつの間にかもう秋になってるようななかんじですよね!
モモ先生が明日から手術をするのでかなりつらい・・・・・
普通に元気なのに・・・・・
私自身が親のおかげで、縫ったり、救急車に乗ったりした事は
あるのですが、全身麻酔をして手術をした経験がないので、
かなり不安です。。。。。
早く終われば良いのに~・・・・・
今日も元気に頑張っていきましょ♪

本日はかなりいっちゃいます(笑
26~  までいっちゃいますよ!!!!!

第26図 日坂驛
5621660.png
◆商品説明
金谷から日坂に到る峠は、佐夜の山中といわれる。このけわしい登り道を登りつめたところに、「扇屋」という茶店がある。図のバックの風景画中、人々が集まっている茶店がそれであろうか。ここの茶店で売る名物、子育飴は、この地を有名にした佐夜の中山夜泣き石の伝説に由来するものである。
その夜泣石の伝説というのは、「むかし、臨月の女が武蔵にいる夫をたずねて東海道をくだったが、日坂の峠で山賊に襲われて殺された。そのあと里人が死体のかたわらで泣いている赤ん坊をみつけ、音八と名づけて育てた。しかし峠の石に女の霊魂がのりうつり、夜ごとに泣き声をあげた。のち弘法大使がこの地を訪れた際、石に仏号を刻み、供養したので泣き声はぴったりやんだ。さて音八はアメで育てられ、成人してから首尾よく母の仇を討った」というものである。
英泉描く美人は、つぶし島田であわせにしゅちんの帯という一般家庭の女房で、特にこの日坂駅との関連というようなものは考えられない。あわせの気のきいたデザイン。そして金糸の刺繍が美しいしゅちんの帯といった当世衣装の粋を、英泉は描きたかったのかも知れない。

第27図 掛川宿
5621672.png
◆商品説明
掛川は日坂から一里二十九丁(7キロ)の所にある宿場。
英泉はここの宿場女を描いた。懐紙をくわえ、前を乱して紅の脚出しを見せ、袖をたくし上げて髪をなおすじだらくな姿に、生活感情の露呈を見る。裾の向うの、きざみ煙草入れらしい箱に懐紙をかけ、枕代りにした状を見せるなど描写は細かい。
 彼女の背後の炬燵からずり落ちる本は、馬琴の有名な読本『南総里見八犬伝』であることが題簽から容易にわかる。そして、ここに見える表紙のデザインは同書の第九輯巻之五十から五十一に及ぶところに当たり、天保十三年(1842)の刊行だから、この絵も同じ年の制作と見られ、この美人東海道シリーズ制作時期推定のよい手がかりとなる。
英泉はちょうどこの本の挿し絵を受け持っている時で、おそらく自分の宣伝も兼ねているのだろう。
背景は宿の出はずれにある分れ道の右手の方、秋葉神社への参詣道、秋葉山道の入り口に立つ第一の鳥居の付近を描く。鳥居の向こうに聳える山が、ここから八里の行程にある火伏せの神として有名な秋葉山。掛川を描く時は必ずといってよいほど扱われる名所である。賛の句は「炬燵あるおく間や昼もうすくらき 林車」。人物・調度・風景ともに要を得た構成のの一図である。


第28図 袋井宿
5621684.png
◆商品説明
袋井は掛川から二里一六丁(9.5キロ)。『東海道袖の玉鉾』(延享三年・1746)に「宿中に茶や、めし、そは切いろいろ有」とあり、『膝栗毛』も宿中の繁昌を述べるが、英泉は宿端れの庚申塔前の冬枯れの景色を背景に選んでいる。
一里塚のしるしの榎らしい枯れた大木の梢を超すほどの燃え上がった焚火の煙が、ふきボカシの色調によって動感を表し、冬枯れの田園風景の旅情を写し出している。この状景に対し、前面の青いお高祖頭巾の女性が、袖で寒気をしのぎながら近付く風情が、はなはだよく調和している。
賛の「榾の火やこつま取る手に覚へなき 野田」の句意が、又よく人物と風景とを結びつけている。榾は焚火にする木の切れ端。
燃える榾火に近寄る美人の小妻を取る手が寒気にしびれて知覚がない、といった意で厳冬の空気を感じさせる。さには強い犬ころを二匹添えた風情もよい。

第29図 見附驛
5621697.png
◆商品説明
天下の急流として知られる天竜川の東に位置する東海道五十三次の宿場が、見附駅で現在は磐田市の一部となっている。
ここの地名について、文政二年(一八一九)に刊行された『新版諸国道中細見記』に、「京より下る人、此処に初めて富士山を見る故、見附と云へり」と記してある。またここらあたりから中泉にかけて、古の国府があり、『十六夜日記』に、当時のもの寂しい場所であったことが記されている。
英泉描く本図は、ぢ天竜川・小天竜川を渡る乗合船を近景に、遠く富士の霊峰を望む状景で、天竜川の西岸中の町からの眺めと思われる。この中の町は、『江戸へも六十里、京都へも六十里にて』といわれた東海道五十三次の真ん中の地点として有名であった。
やや浮かした膝に交をひろげた後姿の女性は、黄色地に茶の扇面つなぎの小紋に黒襟を付け、深緑色の帯を大きく結んだ姿で、配色や髪飾りの様子の芸者とも、また宿場女郎といった職業の女性であろう。英泉描く女性像としては、珍しく廃頽的でなく、しっとりとした趣きを感じさせる。
この図で特に興味深いのは、対岸の背後に連なる山並みで、ごつごつした山並みの描写は、葛飾北斎及び一門のまた歌川国芳が好んで用いた西欧のキュービズム画法とは一味違った、英泉が学んだ狩野派の線描や彼独特の色彩の用い方をしている点に注目される。

第30図 濱松驛
5621708.png
◆商品説明
江戸を旅立って、東海道第三十番目の宿場が浜松である。『遠江風士記伝』とか、『引馬拾遺』などの文献に、浜松という地名の起源について記されている。それはむかしの愚痴八幡大神の御船がこの浦に着御のとき、一の白狐があって二本の松の苗をくわえて来、一本を社辺に、一本を着船した海辺に植えた。この海辺に植えた。この海辺のものが後世に名高い後世に名高い颯颯松、一名音羽松で、樹幹が数株に分かれ枝葉をはびこらせた。この松の名から浜松の名が発したのだという。松は枯死して今はない。『万治版東海道名所記』に、「浜松 町の右の方に諏訪の大明神の社あり。次に右の方に城あり。」と記されている。英泉描く本図のバックの風景画中、赤い鳥居と社がその諏訪神社であろうか。
濃藍の風呂敷に稽古本を包み、あざやかな赤い紐で結んだ荷物を大事そうにかかえて行く女性は、黒襟であること、青鼠地に青紫の葵模様を散した着衣、派手な紅の帯といった配色から町娘とも考えられるが、着物の裾廻しに濃青味紫を用いている点、髪に挿した櫛の様子から、この女性もまた芸者かも知れない。彼女着ている着物の色や模様は、染織の専門家の意見では、江戸末期から明治初めまで広い範囲で愛用されていたものだという。画中に散した「はつかしき方へ むけゆく日傘かな」という谷水の発句は、よくこの女性の心をいい当てているといえよう。


最近、気候の変わりが激しいので体の方崩さないように頑張っていきましょ!!
今日も頑張ります!!
今日も一日良い日になりますようにノシシ


取材のキャスティングのお悩みである方ぜひぜひニューエイジをよろしくお願いします。
こちらをクリックお願いいたします。資料請求・ご相談だけでもどうぞ。↓
風俗広告代理店NewAge

1ポチよろしくお願いいたします○┓ペコリ


人気ブログランキングへ bnr_20100209203227.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ アダルト


anlg88-31.gif ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング

ブログランキング ブログが読める風俗ランキング 風俗ボム


 blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村




はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加


ブックマークプラス by SEO対策












PING送信プラス by
SEO対策



吉田!・浮世絵を食らう! | trackback(0) | comment(3) |


<<今事務所に帰ってきたのでお休み致します! | TOP | 今日も何だか良い火曜日ですね?(笑>>

comment











管理人のみ閲覧OK


BSsRmfIXGaKovAbuKt 

OV5S0K <a href="http://twcjswmkhfbw.com/">twcjswmkhfbw</a>, [url=http://kihguvstgvqi.com/]kihguvstgvqi[/url], [link=http://grplkebbfzxg.com/]grplkebbfzxg[/link], http://mcjwkxibqqsx.com/

2011/06/10 11:25 | mhsmwzklm [ 編集 ]


ffVCFDvOlGtQs 

pr0vrO <a href="http://gefhentporpv.com/">gefhentporpv</a>, [url=http://pjrzlhsxccfi.com/]pjrzlhsxccfi[/url], [link=http://sybfewgfmpgv.com/]sybfewgfmpgv[/link], http://doijyqeqioew.com/

2011/07/04 22:27 | oweras [ 編集 ]


zwLYVsrgEcjrZSTSVE 

glHnDb <a href="http://trzwhegnhepm.com/">trzwhegnhepm</a>, [url=http://nownoehmalbt.com/]nownoehmalbt[/url], [link=http://yjssbapbzttw.com/]yjssbapbzttw[/link], http://ngmjtcodkaje.com/

2011/07/22 08:45 | jvljxif [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://newage1980.blog27.fc2.com/tb.php/389-3cd52dcb

| TOP |

QRコード

QRコード

プロフィール

吉田ウィリアムス

Author:吉田ウィリアムス









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ランキング

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

過去のログ v.コンパクト

全ての記事一覧

2012年 05月 (1件)
2011年 07月 (1件)
2011年 06月 (30件)
2011年 05月 (31件)
2011年 04月 (30件)
2011年 03月 (31件)
2011年 02月 (28件)
2011年 01月 (27件)
2010年 12月 (30件)
2010年 11月 (30件)
2010年 10月 (31件)
2010年 09月 (30件)
2010年 08月 (31件)
2010年 07月 (30件)
2010年 06月 (30件)
2010年 05月 (31件)
2010年 04月 (30件)
2010年 03月 (31件)
2010年 02月 (24件)
2010年 01月 (6件)
2009年 12月 (2件)
2009年 11月 (1件)
2009年 10月 (2件)
2009年 09月 (1件)
2009年 08月 (4件)
2009年 07月 (1件)
2009年 06月 (1件)
2009年 05月 (1件)
2009年 04月 (1件)
2009年 03月 (1件)
2009年 01月 (3件)
2008年 12月 (8件)
2008年 11月 (2件)
2008年 10月 (18件)
2008年 09月 (11件)
2008年 08月 (4件)
2008年 07月 (2件)
2008年 06月 (4件)
2008年 05月 (17件)
2008年 04月 (22件)
2008年 03月 (18件)
2008年 02月 (1件)

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。